「旅」する様に「仕事」する

2018年5月より「旅」する様に「仕事」をするトラベルワーカーしおみんの「旅」と「仕事」のブログです。

よもやま話

弦が1本のボロボロのギターで演奏するオッサンがメチャメチャカッコイイぞ!

投稿日:

NewImage

ズバットREDしおみです。
ロケットニュースさんのところにあったネタなのですけど。このおっさん。メチャメチャカッコイイ!

動画を見てもらうと解るのですけど弦が一本しかない。
動画を見てもらうと解るのですけど弦が一本しかありません。これで、どうやって弾くのか?というと、弦でベース音を鳴らして、ギターをバシバシ叩いて、リズムを作っています。本来、ギターは、バシバシ叩く様には作られていませんが、押尾コータローさんが良く弾いている弾き方で、スラム奏法という弾き方で弾いています。

という、そんな理論的なものは、ともかく…。
とにかく凄いですね。ギター一本で、素敵な空間を作るというか、弦一本で、これだけ素敵な空間を作っているのですから。

 

ロケットニュースによると、

彼の名はブラッシー(Brushy)。彼のボロボロのギターには弦がたったの1本しか張られていない。だが、その表現力は凄まじく、心揺さぶられるものがある。彼の曲を聞けば、音楽の本来の姿を垣間見ることができる。

・映画監督に見出される
ブラッシーは、映画監督ルシアーノ・ブロッタ氏によって見出された。2011年に公開された、ジャマイカのアンダーグラウンドの音楽シーンに焦点を当てたドキュメンタリー作品、『RiseUp』の制作途中に、監督がブラッシーに遭遇したのである。

・代表曲は300万回再生
映画のオフィシャルトレーラーに彼を起用したところ、海外のネットユーザーの間で反響を呼び、2013年4月にフルアルバムをリリースするに至った。彼の代表曲『Chicken in The Corn』は約300万回再生されるほどの人気ぶりだ。

とのこと。ソウルフルな彼の歌声とか、とても爽やかな音楽です。良いですね。調べたら、AmazonでもMP3販売しているみたいでした。しかし、凄いですね。良いギターが欲しいとか言っていないで、僕ももっと修行しなきゃっと思いました。

 

-よもやま話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子規も漱石も愛した味「松山鮓」(もぶり鮓)はとても美味かった。

「ググれカス」と言わないで。普通の人はあまりググらないみたい。

ズバットレッド塩見です。「ググれカス」って、僕らの周りの方は良く言いますが、意外と不通の人はググってないっていうことが昨日解りました。ですので、ググれカスとか、あんまり言わない方が良いのかも知れません …

時間を作る人が最後には勝つ!時間を作り出す3つの心構え

しおみん( @mark4033 )トラベルワーカーです。 先日、「時間の無駄 を省く」という視点から記事を書きましたが、それ以外にも、時間管理で意識しておいた方が良いことがあったのでシェアしておきたい …

あなたは「一流」と「超一流」は、何が違うのか解ります?

ズバットレッド塩見です。 突然ですが、皆さんは「一流」と「超一流」の違いって解りますか?先日参加した石原明さんの経営のヒント公開収録イベントで、この話ちょこっと話題になっていました。 一流と超一流の違 …

秋元康から聞いた「人生を変えるかも!?」の5つの学び。

しおみんって誰?