「旅」する様に「仕事」する

2018年5月より「旅」する様に「仕事」をするトラベルワーカーしおみんの「旅」と「仕事」のブログです。

仕事やキャリア

プライシングの考え方を変えて、時間を確保する方法

投稿日:

しおみん( @mark4033 )企画屋です。中小零細、個人事業主、フリーランスのプライシングの考え方について、少し掘り下げてみたいと思います。

そもそもマーケットとは?

そもそもマーケットとは?簡単にいうと、顧客と他社との相関関係によって決まるものです。例えば、外食でコーヒーを飲むとなると。

  • コンビニでコーヒーを買う
  • コーヒーショップでコーヒーを飲む
  • マクドなどファーストフードでコーヒーを飲む
  • ホテルのロビーでコーヒーを飲む
  • その他。

それ位の選択肢を顧客は持つわけです。今日はプライシングの話ですので、価格を掘り下げていきます。上記の4つの場所で、コーヒーの原価が一律50円とすると、計算上、下記の様な粗利がでます。

  • コンビニでコーヒー→販売100円、粗利50円
  • コーヒーショップでコーヒー→販売350円、粗利300円
  • ファーストフード→販売100円、粗利50円
  • ホテルのロビー→販売1,000円、粗利950円

粗利だけ考えると、ホテルのロビーでコーヒーを売るのが断然に粗利が高いです。しかし、逆にマーケットシェア(販売数)を考えると、コンビニとか、ファーストフードとかのシェアが高いと予想されます。

粗利とは、

売上(販売数×販売額)ー売上原価=粗利(売上総利益)ですので、売上原価が同じであれば、粗利を伸ばすのは、販売数を伸ばすか、販売額を伸ばすか、どちらも伸ばすかになります。

中小零細、個人がやっちゃいけないこと。

プライシングの話をすると、どうしても薄利多売で販売数を確保して、売上確保しようとする方がいます。しかし、個人事業主に近いほど時間的制限を受けるので、絶対的に販売額を上げて(つまり値上げ)、粗利を確保すべきなのです。

でないと、貧乏ヒマなし…。という状態に必ず陥ります。

それに、薄利多売作戦では、マーケットシェアは確保できますが、大手と争ったら必ず資本力では負けますので、そっち方向には絶対にいかない方が良いです。

話をもっと具体的にしてみましょう。

もし、あなたがWebの制作会社であったとしましょう。その時、通常の会社は100万円で受ける案件を、あなたの会社は300万円でしかやらないとしましょう。

発注側からみると。

100万円でやってくれるところと300万円かかる制作会社が同じであれば、当然、100万円の会社に発注します。しかし、300万円と3倍かかるところに発注する理由があれば、そちらに発注する可能性だってあります。例えば…。

  • 日本語だけでなく、英語、中国語の3ケ国語にも対応したWebを作り、各国へのアプローチ方法も熟知している。
  • 納期が異様に早く、提案のバリエーションが異様に豊富。デザイン案を1日で20案も持ってくる。
  • Webサイトからの売上分析の実績が豊富で、Webを作るだけでなく、Webからの売上にコミットしてくれる。
  • 協力ブレインを300人かかえていて、豊富なデザインからシステム運用まで、IT系のニーズは総合的にかなえてくれる。
  • とにかくライティング能力が飛び抜けていて、多くのキーワードでSEOの実績があり、毎月1社しか新規は受け付けていない。
  • 東京渋谷区内の案件しか受けなく、渋谷のことであれば、浮浪者から警察まで熟知している。
  • 医師免許の資格を持ちながら、Web制作会社をして、特に薬事法とかの知識があり、その方面の仕事しかやらない。

など、差別化ポイントなど、いくらでも作れます。問題は、それで、どれだけの変化が期待できるか?です。もともと100万円の案件で、人件費(売上原価)が半分の50万円かかっていて、3ケ月で10本受注していたとします。すると、

  • 売上 100万円×10本=1000万円
  • 原価 50万円×10本=500万円
  • 粗利 1000万円ー500万円=500万円

とこうなります。それが300万円にしたら、3ケ月でクライアントの数が10から2に減りました。すると、どうなるかというと、

  • 売上 300万円×2本=600万円
  • 原価 50万円×2本=100万円
  • 粗利 600万円ー100万円=500万円

となります。売上が下がりますが粗利は同じとなります。原価(人件費)が同じになるかは、要件によりけりですので、この際、省くとして、重要なのは、売上が下がっても粗利は同じ位稼げるということです。

こうなると、どうなると思います?

時間に余裕ができるということです。

以前であれば、3ケ月で10本の仕事をこなすのに200時間(10本×20時間)かかっていたとすると、2本で良くなれば40時間(2本×20時間)で良くなります。この差は160時間。

そうすると、新しいものを研究開発する時間が確保できるということであり、さらに差別化できる要因を増やせるということです。

まとめ

今日のお話をまとめておきますね。

  • 中小零細、個人はマーケットの中で高付加価値がつく市場を狙うべし。
  • つまり、値上げするのが正しい。
  • 値上げして、新しい高付加価値を作るための研究開発に時間を使い、さらなる付加価値を作るサイクルを作るのが正しい。

ということで、今日はプライシングの話でございました。

【Google広告】


このブログは、50代の「しおみん@トラベルワーカー」が「旅をしながら仕事する」ためのノウハウを提供していくためのブログ。

まずは、こちらの記事をご覧ください。

満員電車なんて、もう嫌だ!と思った時に、まずやるべきこと。

■information —————————————

■「どこに行けば塩見さんの講演に参加できるのですか?」

あなたの街の商工会議所、経済団体、企業研修の担当者様に下記の企画書を渡し「塩見を講師として呼んで欲しい」と依頼するのが確実です。
現在のテーマはSNS活用で売上げアップ!
<こちらに申し込んで頂いても良いかも!>

 

■毎月、毎月、定額で数十万円稼ぐ方続出!

あなたも「有料オンラインコミュニティサービス|ファンコム」でコミュニティ運営で、毎月定額で数万円〜数十万円稼いでみませんか?お問い合わせはお気軽に。新しい出会いを待ってます。

■塩見が作ったストリーミング教材販売してます。

→副業?パラレルワーカー?ワークスタイルに迷ったら?

「塩見政春」が教える「ワークバランス習得法」 

→資金繰りが大変は社長!この知識は絶対に役立ちます。今すぐチェック❗ 

「たちばなはじめ」が教える「法律家が絶対に話しない借金の話」

→保険営業がうまくいかない営業マンは何が悪いのか。このビデオで絶対に解決❗

「奥田雅也」が教える「法人向け保険営業の基礎

■起業、転職、副業、新規事業の相談にのります。

関西の方であれば、直接お会いしましょう!

この記事「いいね!」と思ったら、「いいね」とか、リツィート、お願い致します!励みになります! 

-仕事やキャリア
-

執筆者:

関連記事

「時間がない」から卒業しよう!将来のワークスタイルを確立するために時間を産み出す9つの手法

しおみん( @mark4033 )トラベルワーカーです。大切なことだから言っておきます。「時間がない」が口癖の方は、何もできません。というのも副業を始めるにしても、独立するにしても、まずは、そのために …

焼き芋屋のビジネスモデルから考える旅の資金を作る方法

しおみん( @mark4033 )トラベルワーカーです。皆さん、焼き芋食べます?これだけ、毎日、寒いとホクホクの焼き芋食べたいですよね。今日は、その焼き芋屋さんのビジネスから儲かるビジネスモデルを考え …

ウソが多いので、正しいポイントサイトの攻略法を書いておく。

しおみん( @mark4033 )企画屋です。3流の使えない記事が多いので、私が、正しいポイントサイトの攻略法を書いておきます。 Contents1 ポイントサイトとは?2 「ポイントサイト×何かの仕 …

自分の知識や経験は他人にとっては当たり前ではない。情報発信のススメ

しおみん( @mark4033 )トラベルワーカーです。「ノマド的節約術」で有名な松本氏が、こんなことをTweetしていました。良い言葉だなぁ〜と思ったの、私なりの解釈も交えて、シェアしたいと思います …

副業、パラレルキャリアなどワークスタイルを考えざる得ない3つの時代背景

しおみん( @mark4033 )トラベルワーカーです。今日、副業とかパラレルワーカーとか、本業以外のことを考えている人も多いです。終身雇用なんて遠い昔の話。人生100年時代を迎えて、今回は、まず、何 …

しおみんって誰?